ほうれい線

無添加のエイジングケア化粧品の選び方

安全性が重視される現在の化粧品業界において「無添加」という言葉はかなり重要なキーワードとなっているようです。無添加の定義はメーカーや製品によって異なるのが実情さまざまなメーカーから「無添加化粧品」と名づけられた製品が発売されており、その安全性や低刺激がセールスポイントとして掲げられています。この安全性・低刺激に関してはとくにエイジングケアにおいて重視されており、エイジングケア用の化粧品の間でも無添加が注目されています。加齢の影響で肌のバリア機能が低下している分、できるだけ負担が少ないものが求められているからです。そうなると無添加のエイジングケア化粧品はどのようなものがいいのか?という声が出てくるのも当然のことでしょう。とくに肌荒れやシミなどのトラブルに悩まされている人にとってはもっと肌に負担をかけずに安心して使える化粧品を選ぶ上でも無添加は魅力的なキーワードになるはずです。ただこの「無添加」という言葉はイメージばかりが先走ってしまっている面もあり、必ずしも無添加化粧品がエイジングケアに適しているとは言い切れない難しい問題も抱えています。まず「無添加化粧品」とはどのようなものなのか?無添加という以上、添加物が使用されていないものを言うのですが、じつはその定義はかなり曖昧です。アレルギーをもたらす可能性がある物質や合成界面活性剤などよく知られた肌に負担をかける恐れがある物質を使用していないものを無添加と名づけているケースが多いのですが、具体的に何を使っていないのかはメーカーごと、製品ごとに異なるのが実情です。無添加化粧品で人気のミューノアージュは厳選されたペプチド配合そのため、ある無添加化粧品では使用されていない成分が他の無添加化粧品に使用されているケースもありますし、その成分が肌に負担をかける可能性もあるのです。無添加のエイジングケア化粧品を選ぶ場合には自分にとってどんな成分・物質を避けた方がよいのかをよく踏まえたうえで選んでいくことが大事です。刺激に敏感になっている方は防腐剤のパラベンが使用されていないものを選ぶ、乾燥に悩まされている方はアルコール(エタノール)が使用されていないものを選ぶなど。そのためにも添加物に関する知識をある程度踏まえておきたいところです。もうひとつ、無添加のエイジングケア化粧品のポイントとしてはシンプルな内容であること、使い勝手が良いこともポイントです。添加物が含まれていなくてもたくさんの種類の成分が配合されていると肌に負担がかかりますし、摩擦の刺激も問題だからです。たとえばエイジングケアでおなじみのミューノアージュでは7種類のペプチド成分に絞った有効成分、肌に馴染みやすくべたつかない使い勝手など年齢肌の悩みに合わせた内容となってます。無添加の場合はこうした使い勝手や厳選された成分の内容などもチェックしておきましょう。ミューノアージュ(MUNOAGE)目元口元に極ハリ!肌再生力を高めるペプチド配合の低刺激ドクターズコスメエイジングケアを重視するとどうしても配合成分が過剰だからか刺激でかえって荒れてしまうことが多い私ですが、こちらはそういったこともありませんでした。余計な添加物が入っていないからピリピリしたり痒みなどもなく、気になっていた小じわやたるみがだんだん改善されてきました。皮膚科医師が皮膚治療の現場から開発した無添加エイジングケア化粧品。皮膚を再生するEGFを始め7つのペプチドを配合することで衰えてきた肌の再生力を高めてしわ・たるみを改善してくれる働きがあります。元々火傷治療から生まれた化粧品だけに無添加で低刺激。ドクターズコスメならではの安心感と高品質さもメリットです。10日間お試しセット 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)コスメルジュ編集部が選んだおすすめ化粧品トライアルセット一覧!>>
Source: おすすめ基礎化粧品のお試し・トライアルセット一覧